銀行窓口で投資信託を買ってはいけない!

  • 2023年6月13日
  • 2023年10月23日
  • 投資
  • 12View
  • 0件

こんにちは!エナガです。

今日も

お金の教養

をやっていきましょう。

今日のメニュー
銀行窓口で投資信託を
買ってはいけない理由です。
今回判ること
1 銀行窓口で投資信託を
買ってはいけない理由
2 どこで買うべきか?
ネット証券で買う。

先日エナガの主が友人から

銀行に行ったとき

ニーサを始めませんか

窓口で勧誘を

受けたんだけど、どうだろう?

投資した方がいいんだよね?

と質問を受けました。

エナガの主は

ニーサ非常に良い制度

だよ。

投資についても

変な商品を買わないで

15年以上

持ち続けることができたら

お金が増える可能性は高いよ。

でも銀行の窓口では

絶対に買わないでね。

とアドバイスしていました。

では、なぜ銀行窓口で

買ってはいけない

のでしょうか?

まず、銀行は

営利企業

であるということです。

銀行は巧みな

イメージ戦略で

銀行は利用者の味方

銀行はみんなの

資産を守ってくれるところ

そんなイメージを

お持ちの人も

多いのではないでしょうか?

銀行が私たちを

損させる訳がない!

と思っている人

もいるのではないでしょうか?

しかし銀行は営利企業なので

利益を上げなければなりません。

銀行もボランティアで

やっているわけではない

ので当たり前のことです。

利益を上げなければ

つぶれてしまいます。

では利益を上げるためには

どうすれば良いか?

まず

銀行が儲かる

投資信託を売る

ことです。

銀行にとって

一番重要なことは

銀行の利益であって

お客さんの利益では

ありません。

商品を説明して

お客さんが納得して

お客さんが

それほど損しなければ

文句はありません。

しかしもっと

お客さんが儲かる投資があるのに

それは紹介しません。

なぜなら

お客さんに利益があっても

銀行に利益がないからです。

優秀で小綺麗で親切な

銀行員が言葉巧み

にあなたのお金を

狙っているのです。

どんな商品を売っているか

というと手数料の高い

投資信託を売っています。

年間2%から3%の手数料

がかかるものもあります。

投資の世界で

2%3%は

とんでもない率になります。

それから銀行は

人件費がかかる

からです。

銀行で働くような

優秀な人は

当然給与が良いですし

窓口業務には

人がたくさん必要になります。

当然銀行は各種手数料や

貸付等でも利益を上げていますが

手数料の高い投資信託でも利益を

上げています。

銀行に預けた現金は

1000万円とその利子

は保証されますし、

住宅ローンや

事業融資で利用するのは

良いと思いますが

それ以外での

利用はお勧めできません。

ではどこで投資信託等を

購入すれば良いかというと

ネット証券です。

具体的な名前をあげるとすれば

SBI証券

楽天証券です。

どちらもスマホがあれば

口座開設もできますし

取引も簡単にできます。

なぜネット証券が

良いかというと

人件費が殆どかからない

自分が買いたい投資商品を

買えるからです。

自動販売機をイメージ

してもらえれば良いと

思いますが

自動販売機は

商品補充と

メンテナンス以外で

ほとんど人の手は必要ありません。

(自動販売機の商品は

 高いですが・・・)

ネット証券は自分で商品を選んで

勝手に買っていくという

スタイルなのでサイトさえ

きちんと維持されていれば

人の手はほとんど必要ありません。

ですから余計なコストが

必要ないのです。

そのため

手数料の安い優良な商品

を売ることができるのです。

しかしネット証券にも

デメリットはあります。

対面ではないので

丁寧な説明も

親切な対応もありません。

自分で商品を理解して

自分で商品を

選ばなければなりません。

しかしこれは

必要なことだと思います。

自分の大事なお金を

理解していないものに

賭けるというのは

ありえないからです。

窓口で親切な対応された

からといって訳の分からない

手数料の高い商品を買わされれば

せっかくお金を増やすことが

できたはずなのに増えないか

お金が減っていきます。

投資に勉強は

必要だと思います。

自分が投資している商品

や見通しが分からなければ

ただお金をどぶに

捨てるようなものだからです。

いかがだったでしょうか?

銀行で投資信託を買っては

いけない理由は理解して

いただけたでしょうか

自分の大事なお金は

自分で守って増やしていく

この姿勢がこれからの時代は

必要になって来るのでは

ないでしょうか?

学校でもお金の教養が

始まります。

これからお金について

学んでいる人とそうでない人の

差がどんどん広がっていく

と思います。

これからもお金にかかわる

情報を書いていきたいと

思います。

それでは、したっけ!

 

最新情報をチェックしよう!