投資しよう!

こんにちは!

エナガです!

今回もお金の教養を始めていきましょう。

前回は

なぜ投資が怖いと思うのか?

という話をしました。

これから、

投資をした方が良い理由(しないといけないのか?)

を話していきたいと思います。

1 物の価値があがる(お金の価値が下がる。)から。

  (インフレするから。)

2 複利の効果!!!

3 資本主義において資本家側にいないと貧乏になるから!

1 物の価値があがるから。(インフレするから。)

みなさん。昔うまい棒はいくらだったでしょうか?

答えは10円です。

今は15円です。

これはほんの一例ですが、ジュースの自動販売機や食料品なども昔に比べたら少し上がったものも多い

のではないのでしょうか。(技術の進歩により安くなったものもありますが。例パソコン等。)

そしてさまざまなものが時代と共に値段が上がってきているのです。

しかし、バブル崩壊後、日本はずっと

デフレ(物の価値があがらないこと。)

だったので給与が上がらなくても

問題なく暮らしてこれました。

しかし、あまりにデフレが続いてきたおかげで

給与は上がらず

むしろ下がり

日本経済はずっと低迷

を続けてきたわけです。

そんな中、賛否はたくさんありますが2010年代は

アベノミクス

等の理由で

株価は上昇しました。(一般の人で恩恵を受けた方はほとんどいませんが・・・。)

そして2020年代に突入して、アメリカ経済の好調の恩恵をうけ

日本経済も大分復調

してきて現在に至ります。(今後アメリカ経済はこの先不景気に突入するといわれていますが・・・)

現在

インフレがジリジリ始まっています。

インフレが始まれば企業の利益が少しは給与に反映される可能性が高まります。

ですが

インフレはお金の価値が下がる

ということなので今まで日本人が大好きな

増えない預金

をすると

インフレが続く限り

預金の価値がどんどん下がっていく

ということが始まります。

当然預金の金利も上がると思いますが、それ以上にインフレが進めばその分だけ

預金の価値が目減りしていく

ということです。

たとえば

1年で2%のインフレが起これば

今まで

100円で買えていた商品

102円

になるということです。

前年に

100万円で売っていた車

を買うために100万円貯めたのに

次の年に買おうと思うと102万円になってしまう

ということです。

これからは、預金だけではもはや

お金の価値が減っていく

だけだということです。

なので

投資をして今ある資産を増やしましょう

という話です。

2 複利の効果!!!

アインシュタイン

人類最大の発明

について話していたということを知っているでしょうか?

アインシュタインと言えば特殊相対性理論が有名ですが、アインシュタインが人類最大の発明

と言っていたのは、

複利の効果

です。

複利の効果とは、

100万円を年利5%で運用すると

1年目 105万円

2年目 110万2600円

5年目 127万6,482円

10年目 162万9,113円

15年目 207万9169円

になります。

なんと100万円をただ15年放置しているだけで2倍になってしまいました。

これを右肩上がりに価値が上がる商品を購入して、どんどん増やしていけば資産の増加スピードはとん

でもないことになります。

ちなみに複利に対して単利というのがありますが、

1年目105万円、2年目110万円、3年目115万円、10年目150万円 15年目175万円

となり、毎年元の100万円の5%の5万円が増えていくものになります。

単利と複利は年が過ぎるにつれて、どんどん差がついていきます。

3 資本主義において資本家側にいないと貧乏になるから!

投資って

よくわからない

難しそう

と思うかもしれません。

そこでこのブログを通じて

投資をするための準備

何をすれば良いか

を段階を踏んで話していこうと思っているわけです。

当然

インフレだけが投資をする理由ではありません。

これからは、

投資する人としない人との資産の差

どんどん広がっていきます。

日本や世界において資本主義社会が続く限りその

差は取り返しがつかないくらいの差

になります。

投資は

投入した資産の額

資産をリスクにさらした時間が

長ければ長いほどリターンが多く

なります。

ですから

どれだけの額を

どれだけ

早く投資に回せるか

というのがこのゲームのルールになります。

また投資をすればお金が自由になり

労働から解放

されるかもしれない。

投資をすることにより

老後にお金で苦労することがなくなる

何より

お金

は資本主義社会において

自由の源泉

であること。

エナガの飼い主はお金で自由を買うと話しています。

資本主義社会においては

お金さえあれば自由に暮らせる

のです。

もし

複利を使って右肩上がりの銘柄に長期間投資

をすることができれば(投資金額にもよりますが。)とんでもない金額になります。

投資の話でよく出てくるのが

トマ・ピケティ

とう名前です。

この人が唱えたのが

r(資本)>g(労働)

という数式です。

簡単に言うと

労働(g)で手にはいるお金の成長より

資本(r)で手に入るお金の成長のほうが大きい

ということです。

毎年上がる給料はおおよそ1%~2%

投資により得られる成長率は5%

ということです。

給与より資産から得られるお金の方が多い

ということです。

それが長期に渡ればその差はどんどん開いていくということです。

ですから

ただ労働をするだけの人

投資をして資産家側に回わっている人

との間で

格差が開いていく

ことになるのです。

だから、投資をしなくてはいけないのです。

 

最新情報をチェックしよう!