貯めるのが先。買うのは後。

こんにちは!

エナガです!

今日もお金の教養をやっていきましょう。

今日のメニューは

1 貯めるのが先。使うのは後!

2 コンビニには寄らない。

3 数百円のために遠くの店に行かない。

それではやっていきましょう。

1 貯めるのが先。使うのは後!

皆さんはローンを使っていますか?

家や、車を買う際に結構使う方もいるかもしれません。

しかし、ローンはできる限り使わないほうが良いです。

ローンは、借金です。

ローンを使うということは、本来買う物より高い金額を支払うということです。

また、そもそもローンを使って買うということは、自分の資産以上の物を買おうとしているということです。

もしそれが借りたお金よりも利益が出る資産を買うことができるのであればそれは投資としてよいのですが、

素人には、なかなかそれを買うことはできません。

借金とは将来稼ぐお金を前借りして物を購入するということです。

つまり未来の自分の時間を先に売ってしまうということです。

自分の時間とは人生そのものです。

自分の人生を売ってまで本当に必要ですか?

ということです。

それが、人生を豊かにするのであれば、それは浪費として必要な経費となりますが、もし誰かに見栄を張るた

めの車だったり、高級品のために使うのであったらそれは貧乏への近道になってしまいます。

ローンが足かせになって嫌な仕事をやめられない。

ローンのために働かなくてはならない。

などのデメリットもあります。

エナガの飼い主はローンを組んで家を買ってしまいましたが、

資産形成の上では失敗

だったかなと思っているそうです。

しかし、死んだら家族に家が残ることや、とりあえずローンを返し終われば

住む場所は確保される

アパートなどでのトラブルを回避できる。

子供の学校が固定される。

家を所有したという自己満足が得られる。

などのメリットを得られました。

ローンは純資産で言えば負債なので資産の増加率は鈍化していきます。

もしローンを組まないで賃貸であれば住居費が負債にならないので純資産の増加は加速して

いきます。

純資産を増やす(お金持ちを目指す)のであれば、ローンを支払って家を買うより賃貸のほうが良いことにな

ります。

何かを買うときはお金を貯めたうえで買う。

使うのはその後。

ローンは使わない。

2 コンビニに寄らない

コンビニの商品は割高です。

ジュースを買うにしても、コンビニでは定価で150円、ドラッグストアなどは100円以下というのはよく

あることです。

コンビニには、物を売るための心理学や様々な工夫がされており物を買ってしまうようにできています。

コンビニには売れる物しか売っていない

コンビニは売れなかったものは排除されていき売れているものだけが生き残っていきます。

ですからコンビニに立ち寄ってしまうと

割高なものと不必要なものを買ってしまう

可能性が高くなります。

ですからコンビニには立ち寄らないような生活スタイルにしたほうが良いと思います。

しかし、全く使わないというのはできないと思いますので、

あらかじめ買うのもを決めておく

プライベートブランドのものを買う

ようにする等の

工夫が必要

だと思います。

3 数百円のために遠くの店に行かない。

広告をチェックして最安のものを買いに行っている方も多いのではないでしょうか?

しかし安いものを買うために遠くの店に行くのははっきり言って損です。

それは、車で行けばガソリン代がかかりますし、自転車で行ったとしても時間がかか

ってしまいます。

時間がかかってしまうということは、自分の人生を移動のために使っているということです。

あなたの時間はタダではありません。

あなたの時間は数百円ではありません。

あなたの時間の価値は無限大です。

(取り返すことはできないです。)

自分の時間を無駄にするということは人生を捨てているようなものなのです。

たった数百円を節約するより、

自分の大事な人と過ごす。

自分が人生でやりたいことに時間を使う。

自分を成長させることに時間を使えば

人生がよりよくなります。

節約は資産を増やすためには素晴らしいことだと思います

が、費用対効果も考えなくては無駄な時間をすごしてしまいます。

再び言いますが

時間は人生そのものです。

あなたの時間はタダではありません。

時間の価値は無限大です。

今日はここまで!

したっけ!

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!