保険ってそもそも・・・。

こんにちは、エナガです。

今日もお金の教養をやって

いきましょう。

今日のメニューは

保険ってそもそも・・・。です。

です。

保険ってそもそも・・・。

最初の保険

とは何だか知っていますか?

これには諸説がありますが、

イギリスにロイズ社という

コーヒーハウス会社があり

そこでは、貿易商や船員に

海運ニュース

を提供していたそうです。

そこに出入りしていた業者が

「次の船が返って来るかどうか?」

という賭けをしていたそうです。

イギリスはもともと、賭けの文化が

あり、現在もいろいろなものが賭けの

対象になっています。

また当時は船が沈没することも

多かったようです。

船の所有者は船が沈没する方に賭け

て自分の損失を穴埋めしようとして、

それに対して暇とお金を持っている

英国貴族が沈まない方に賭ける

ということで賭けが成り立っていた

そうです。

そうやっているうちに

船舶保険の必要性が認められて

海上保険として整備されていった

というのが保険の始まりと

言われています。

保険というのは、

いわゆる賭け

のです。

自分が

損したり死ぬかもしれない

方にお金を賭ける。

改めて考えるとシュールですね。

「保険に入ると安心です。」

などと保険の外交員は

言うのでしょうが、そもそも

保険のお世話にならないことが重要

です。

普段から健康に気を使い

けがをしないように

病気をしないように

火災を起こさない

事故を起こさないように

して過ごせば保険のお世話

にはならずに済みます。

健康で事故がないことが一番重要

なのです。

保険を見直して健康に気を使い

お金を貯めて幸せな未来を

つかみましょう。

皆さんが

不幸な賭けに勝たない

ことを祈ります。

それでは、したっけ!

最新情報をチェックしよう!