電気代を節約しよう!

  • 2023年5月20日
  • 2023年5月26日
  • 節約
  • 23View
  • 0件

こんにちは!

エナガです!

今日もお金の教養をやっていきましょう。

今日のメニューは、

1 電力会社を見直そう! 

2 節電しよう! 

です。

1 電力会社を見直そう!

みなさん、6月からまた電気代が値上げになる地方が多くなりそうです。

みなさんは、どこの電力会社を利用していますか?

電力会社をもう見直しているでしょうか?

みなさんは、もともとの電力会社、

北海道電力、東北電力、北陸電力、中部電力、東京電力、関西電力、中国電力、

四国電力、九州電力、沖縄電力をそのまま利用していませんか?

プランや、利用方法によっては、そのままのほうが安い場合もありますが、人によ

ってはプランや電力会社を変えることによってお得に節約できる場合があるのをご

存知でしょうか?

電気自由化とは、2016年4月から電力の共有や販売の分野を競争に基づいて自

由化して従来の独占的な電力会社に代わって複数の事業者が参入することにより電

力市場をより競争的な環境にするのを目的としています。

要するに今まで指定された電力会社から指定された価格で電気を買うことしかでき

ませんでしたが、他にも選択肢が出来たおかげでお得に電気を買うことができる可

能性が出てきたということです。

ちなみにエナガの主楽天エナジーを利用しています。

エナガの主は楽天経済圏住人なので利用しています。

払いに楽天ポイントが利用できる

ことや、楽天エナジーは

料金にポイントが付いたり、

月々の基本料がない

ので電気を利用した金額だけの支払いになります。

しかし、楽天エナジーにも落とし穴があって

オール電化に対応していない 

電気代が高い

といったデメリットもあります。(人によっては利用すると高くつくこともありま

す。

いままで楽天市場の買い物のポイントがアップするなどのメリットもありました

が、今はなくなりました。

ですから、もう少し様子をみてほかに良い電力会社があったら変えてみても良いか

と思っています。

電力会社の乗り換えは非常に簡単で、スマホと電気料金の明細があれば簡単にでき

ます。

自分の携帯キャリアの電力会社や、利用しているガス会社の電力会社、よく行く

ソリンスタンドの電力会社、よく用するサービスの電力会社等ライフスタイルに

合わせて選ぶ事が出来ます。

また自分の利用しているサービスのポイントが多く付与されるなどのメリットもあ

ったりします。

また電力会社の比較サイトを利用すると、お勧めの電力会社を教えてくれます。

分の電気利用料等をきちんと調べて比較して一番良い電力会社を選ぶことが出来

お得に節約できます。

また、利用1年目は大体キャンペーンポイントが付くことがあり、乗り換えたほう

ほぼほぼお得になります。

ぜひ自分の電気料金を確認して一度比較してみてください

2 節電しよう!

みなさんは、照明に何を利用していますか?

蛍光灯でしょうか?

電球をまだ使っている人はいないでしょうか?

現在はほとんどLEDになっているのではないでしょうか?

まだ電球や蛍光灯を利用している方すぐに交換したほうが節約になります。

それでは電球を例にとって省エネの比較をしていきたいと思います。

まず寿命です。

電球2000時間

蛍光灯1万時間

LED4万時間となります。

月、年に換算すると、

電球約6か月

蛍光灯約2年8月

LEDは約11年です。

電気代は、1kwhあたり30円1日8時間365日利用したとして

電球が60w=5,256円

蛍光灯10w=876円

LED7w=613円

となります。

販売価格が

電球130円

蛍光灯電球451円

LED電球560円

となり最近LED電球も非常に安くなってきています。

 種類    寿命    電気料金 販売価格 

 電球    6月     5256円    130円

蛍光灯電球      2年8月  876円  451円

 LED電球  11年   613円  560円

これを10年間利用したとして、

電球     5万5160円(交換24回)

蛍光灯電球  1万0564円(交換4回)

LED電球   6130円(交換0回)

となります。

交換の手間や、買い物に行くこと、電気代すべてにおいてLED電球が優れている

とが分かります。

今回は、電球を例に出しましたが、最近の家電は省エネ性能が高くなっており、電

気代を考えると10年前のものと最近販売されたモデルと交換して数年使用すると

元が取れるようなものもあります。

家電の調子が悪くなってきた場合は、迷わず省エネ性能が高い物に買い替えたほう

が将来的にお得になりさらに快適になると思われます。

家電は、古いものを無理して使うよりも新しいものに買い替えたほうがお得になる

場合があります。

しかし、高額な冷蔵庫や、洗濯機などは特に問題がなければ使い続けたほうが良い

です。

電気代の値上げに負けず、電気代を節約してお得に乗り越えましょう。

それでは、したっけ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!