皿洗いのお手伝いの話。

こんにちは。エナガです。

今日も

お金の教養

をやっていきましょう。

今日のメニュー
皿洗いのお手伝いの話。
です。

皿洗いのお手伝いの話 

あるところに家族がいました。

お母さんは

子供に

皿洗いをしたら

お小遣いをあげるよ

と皿洗いの手伝いと

そのお手伝いに対する報酬を

約束しました。

その子供は皿洗いを引き受けました。

その子どもはなんと

自分では皿洗いをせず

お小遣いをもらい続けました。

さて一体どうやって子供は

自分では働かず

報酬をもらうことが

できたのでしょうか?

     ・

     ・

     ・

答えは

お父さんから借金をして

食器洗浄機を購入して

食器洗浄機に皿洗いをさせた

でした。 

なんだそのトンチみたいな答えは

思った方もいるかもしれません。

これはキングコングの西野氏が

何かの動画で話していた話なので

実際の出典はわかりませんが

非常に興味深く

ためになる話だと

思います。

まず

借金をして食洗器を買うという行為

これは不動産投資等に通じる話です。

不動産投資は不動産を担保に

多額の借金をして不動産の利回り

借金を返済しつつ

利益を得るという

ビジネスモデルです。

当然子供は

食洗器のメンテナンス

をしなければいけませんし、

食洗器が壊れた時

借金だけ残るリスクもあります。

またお小遣いの額が少なすぎると

実際の利益がでるまで

相当期間手伝いを続けなければ

なりません。

また

中間マージンを取って

弟に食器洗いをやらせる

ということも考えられます。

家庭内

お手伝いお小遣い

という身近な話題から

通常のビジネスに通ずる話

になっており

非常に秀逸な話だと思います。

みなさんもこの話をヒントに

何かビジネスが

できるかもしれませんよ。

それではまたしたっけ!

最新情報をチェックしよう!